ボリウッド映画鑑賞記
Vol.31

Albela ★

監督  : Deepak Sareen
出演  : Govinda
       Aishwarya Rai、
       Jackie Shroff、
       Namrata Shirodkar
鑑賞記

インドの5・6月は、学校がお休みだっていうのに、なんだか今年は、パッとしない映画ばかりです。宣伝は、華々しくて、ゴビンダもアイシュワリヤも、ブヒブヒダンスしているのだけど、あらら・・・作品の方は、中途半端な出来で、コメディー性も今一つはっきりしてないので、大爆笑の場面もないままの3時間でした。アイシュワリヤのバービー人形状態のお衣装交換と、宝石スポンサーのデビアス(アイシュワリヤは、デビアスの専属モデル)のダイヤモンドジュエリーくらいしか、見せ場がない。タイムス・オブ・インディアの評は「学生諸君、これなら、家で本でも読んでなさい」でした。
日曜日のメトロは、ナムラタ・シロダカールの熱狂的なファンで、アイシュワリヤへの声援よりも、大きくて、びっくり。なかなかの好演。ジャッキーが、渋くていい男を好演。ゴビンタは、寅さんといった役どころでした。
あらすじ

オーストリア人の実業家の父を持つ、ソニア(アイシュワリヤ)は、厳格な乳母をお伴に、インドのあるリゾート地にやってくる。(まったく、モーリシャスでしたが)そこには、Albela ガイド社のツアーガイド、トニー(ゴビンダ)が、待ち構えていた。ソニアを一目観て、これこそ我ドリーム・ガールと、忠実な下僕よろしく、島中を観光して歩く。ソニアは、実はある目的があって、この島を訪ねたのだった。亡きインド人の母の、墓参りに来たのだ。墓参りをおえて、トニーのスナップを撮ろうとしたらファインダーの中には、見覚えのある人物が・・・・。
 実は、以前ソニアの、父を取材に訪れたインド人ジャーナリスト、プレム(ジャッキー・シェロフ)だった。ソニアと、プレムは、父の反対にあって、結婚を許してもらえずにいた。
トニーは、ソニアの友情を、勝手に愛情と解釈して、隣に住むトニーに密かに熱を上げるニーハ(ナムラタ・シロダカール)を、ふって、ソニアについて、オーストリアに行こうとする。
が・・・いつものとおり土壇場で、それぞれが、本当に愛する人を確認して、めでたし。
(2001年5月13日)

          

 <<BACK  TOP  
                   

Ads by TOK2