ボリウッド映画鑑賞記
Vol.13

Jungule   ★★

監督:Ram Gopal Varma
出演:ファーデン・カーン、
   ウルミナ・マドゥンカ、
   スニル・セティ、
   タイガー・クマール、
   アムパム・ケール、
   Owl Bhai、
   Ryton Chacha
鑑賞記
怖い!すっごく怖い!インド版ランボーです。テレビの予告で十分怖そうだなあと、思っていたけど、こんなに怖いとは、思わなかった映画です。おりしもラージ・クマールが誘拐されているし…。本当にいるんだね…ジャングル・ギャング。リアリティー満点。インドでもこんなにすごいパニック映画が作れるのかと、インドを思わず見直してしまいます。撮影技術も、クレーンを駆使しているし、水に映った人影を、効果的に撮りこんでいたり。監督の腕は、決して、ハリウッドに負けていません。怖いシーンには、怖いダンスシーンがあるし、追っ手が迫っていても、ちゃんと歌ってくれるのが、余裕です。いろいろな動物も登場して、インド・ナショナル・ジオグラフィック。主役のファーデン・カーンは、Feroz Khan(俳優・監督)の息子。これで、Abhishek、Hrithikと、今年のヒンディー映画界には、3人も七光りがデビューして、インドの御三家になりました。ファーデン・カーンを最初見た時、シルベスタ・スタローンに似ていると思ったけど、期待どおり、勇ましく戦ってくれます。まさしく、シルベスタ・ファーデン・カーンのデビュー作には、もってこいの作品です。
 ウルミナは、相変わらず美しい。ジャングルで、汚くなっても綺麗です。今回は、いつものセクシーさは全く出さずに、演技派女優の地位をゆるぎなくしてくれています。救援部隊の隊長で、今回もRefugeeに続いて、軍服姿がりりしいスニル・セッティ。今までのプレイボーイ役から、一転して、渋い脇役を決めてくれます。クライマックスシーンでのスニルの演技には、思わず涙が。助演賞をあげたいくらい。この映画は、群舞のダンスシーンは、ありません。ウルミナのダンスを期待していた人には、お気の毒。同時上映のDEEWANEの方で、ウルミラを観てくださいね。3時間ど迫力映画。怖いの観たさにぜひどうぞ。
あらすじ
恋人同志のアヌ(ウルミラ)とセダ(ファーデン・カーン)。アヌに縁談が持ち上がって、一家は、タイガーサファリ・リゾートへ行き、ここで、お見合いすることに。セダは、偶然を装って、同じホテルに宿泊する。ウルミラ一家と見合相手は、翌日ジャングルサファリへ行くが、ジャングルギャング(盗賊団)に拉致されてしまう。人質交換で、釈放されたが、アヌだけが盗賊団のボスに気に入られて取り残される。セダは、一人ジャングルへ、アヌを救出にむかい…。

          

 <<BACK  TOP  
                   

Ads by TOK2