ボリウッド映画鑑賞記
Vol.8

Kya kehna!    ★★

監督: クンダン・シャ
主演: プリティ・ズンダ、
    シャイフ・アリ・カーン、
    チャンドラシェーガル・シン
    アヌパム・ケール、
    ファリダ・ジャラル他
鑑賞記

テーマ曲の「オー・キャロル」でおなじみのKya Kehna!。テレビのCMで、ついツイストしたくなっていたら、かなりマサラ・ムービー中毒かもしれません。えくぼの可愛いプリティ・ズンダは、この映画をきっかけに、大ブレーク。JOSHで、自己主張を全くしないのに、なぜか、アイシュのハートを射止めたチャンドラシェーガル・シンが、今回も存在感は薄いのになぜかヒロインのハートをゲットしてしまう、おいしい役を好演。パパ役はこの人しかいない、アヌパム・ケールが、本当にいいお父さんを演じていて、泣かせてくれます。、ママはこの人、インドの山岡久乃の、ファリダ・ジャラルが、これまた泣かせます。PTA代表のおばさんも、テレビでおなじみのレディー・ドラゴン。ハイスクールでの婚前交渉、妊娠、未婚の母にウーマン・パワー、性について保守的なインドでもこんなテーマの映画があるの?とびっくり。久しぶりに、泣けます。インド版青春グラフティ。B級映画のレッテル返上の大ヒット。
あらすじ

カレッジ通うPRIYA(プリティ・ズンダ)は、超わがまま娘。男兄弟の中の一人娘なので、パパは、目に入れてもいたくない様の可愛がり様。今日もボーイフレンドが、「黄色は君に似合う」といったので、黄色のサリーを探して、クローゼットを引っ掻き回している。幼なじみのアジェー(チャンドラシェーガル・シン)が、せっかくデートに誘いに来てもタカビーな態度。プリヤは、プレーボーイのラフー(シャイフ・アリ・カーン)にお熱なのだ。兄に交際を反対されても、熱は上がるばかり。似合うと言われた黄色のドレスで、ラフーに迫り、ついに、プリヤは彼と一夜を共にしてしまう。兄の結婚式の当日、お祝いにダンスを披露した、プリヤは、急にめまいを覚えて失神してしまう。なんと、妊娠していたのだ。父と兄は、プリヤを思って、ラフーの家を訪ねるが、責任はとるが、結婚できないと冷たく拒絶されてしまう。中絶しか道はないと思っている両親。クリシュナの可愛い肖像を見るうちに、自分に宿った命を、葬ることは出来ないと、産む事を決心するプリヤ。そんな事は許せないと、娘をしかり、家から追い出す父。しかし、家族にとって、プリヤは大事なかわいい妹。プリヤの困っている時こそ力を合わせるのが家族と兄弟の提案で、プリヤは、未婚の母を決意し、学校へも通い始める。友人から冷たくされ、学校の演劇発表会では、学生の妊娠が演じられプリヤを嘲笑する。しかし、プリヤは、みんなに宣言する。未婚の母が、そんなにいけないのか、命の大切さって何だ。私は戦う…。

          

 <<BACK  TOP  

Ads by TOK2