ボリウッド映画鑑賞記
Vol.44

Main Prem Ki Diwani Hoon

出演:

Sanjana (Kareena Kapoor)
Roopa :Sanjanaの姉(Tanaz Currim)
Satya Prakash:Sanjanaの父 (Pankaj Kapur)

Prem Kumar (Abhishek Bachchan) Prem Kishen ( Hritik Roshan )
   

鑑賞記:
テレビのCMでは、リティック・ローシャンのボディービル・ショーのような映像ばかりが流れていたし、スキーに乗馬、ダイビングなどのシーンもあって、かなり海外ロケもあるようだったので大期待でした。いつもの三角関係でアブシークが、きっと恋がたき役だなと、観ないうちから設定もわかってしまうようないつものお決まりパターンなれど、途中で、「エッ!カリナは、ダークホースのアブちゃんと結婚か?」と最後まで結末が読めなかったあたりは、期待ムンムンの出来でした。
カリナは初(?)水着を公開しましたが、あまりのズン胴と、太い脚が哀れで見てるほうが気恥ずかしい感じ。リティックは、スポーツマンぶりを見せつけてくれて、これまたやりすぎな感じがいいです。これくらいいつも派手にやって欲しい。
アブシークちゃん。若様!今回は、バッチグーでしたね。なんと言っても、出番は多いがせりふが少ないし、ダンスシーンはないしで、あなたのその“立っているだけで絵になる大役者”ぶりだけで、私は感激でした。梨園の若様の感じが、しっかり出ていて、カリシュシュマにふられた原因そのもの役どころというのも気に入った!インドの新之助さまことアブシークの正統大根ハンサム男優ぶりが、たまらなく私は好きです。「いよっ、若様」って声かけたいくらいでした。もう一回見てもいいかも。アブシークだけ見に行きたい。
あらすじ:
Sanjanaは、今年カレッジを卒業したばかり。結婚するならパパのような人。芸術家で物静かなタイプの人をと結婚の夢を描いている。結婚してアメリカに嫁いだ姉Roopaから、アメリカ在住のインドの実業家の嫡男Prem Kumarとの縁談が持ち上がる。ムンバイに見合いをしにくると連絡を受け、父が空港へ迎えに行くと、筋肉モリモリの朗らか青年Prem(リティック・ローション)がいた。出迎えて、Sanjanaのファームハウスで両親主催のお見合いがとりおこなわれる。Sanjanaの理想のタイプとは正反対のPremの趣味はスキー、ダイビング、ジェットスキー、乗馬とスポーツならばオールマイティー。Premの快活で誰にも好かれる人当たりのよさで、両親、友人などの周りの者たちの好感度はものすごくいい。Sanjanaも理想のタイプとは違うが、Premと一緒にさまざまなスポーツを体験しながら(バンジージャンプまでしちゃうのだから、よくやるね。)、Premにどんどんひかれていく。そして二人はすっかりラブラブに。そこへ姉からメールが届く。日本へ出張していたPrem Kumar(アブシーク・バチャン)が明日ムンバイへ着くと連絡が入る。では、今まで付き合ってきたPremは何者なのか?両親の慌てぶりは大変なもの。PremはPremでもPrem Kishen(リティック)は、Prem Kumar(アブシーク)の会社の有能な社員であった。何も知らないSanjanaは、姉の得意先のPrem Kumar(日本出張土産の日本語のロゴ入りTシャツを着ているがこれがなんと「美福」と書いてある。これは中国語かいな?)を接待がてら、自分が体験したスポーツシーンへいざない案内する。人見知りがひどく、口下手で運動神経がまるでない(あらら、アブシーク実生活そのままの役どころ)文学青年のPremは、そんな快活なSanjanaにぞっこんだ。Sanjnaは、文学を愛し、父と同じ芸術家タイプのPrem Kumarに共鳴するものを感じるが、愛情までは育たない。無骨なPrem Kumar(アブシーク)が、はじめて女性に熱あげてSanjanaに夢中になっていることを知ったPrem Kishan(リティック)は、自分のボスのため、そして愛するSanjanaの姉の今後の事業の成功のために身を引くことにする。しかし、Sanjanaはそんなことではあきらめきれない。Prem Kishanの出張中に婚約式がおこなわれる。指輪の交換の時間になってもPrem Kishanは現れない。指輪を交換し終えるとようやくドアが開いて、Prem (リティック)が来る。Sanjanaは思い切りPremの頬を打ち、ワイシャツを引きちぎるほどに詰め寄る。Premの敗れたワイシャツからむき出しになった見事な筋肉隆々の腕にはハートの中にSanjanaの名前の刺青があらわれる。(おぇ〜、あんたはベッカカムかい?)これで、みんなの知るところになったが、SanjnaとPrem Kishanの運命はいかに・・・・。
(2003年7月17日)

          <<BACK     TOP     NEXT>>
                   








Ads by TOK2