華麗なるボンベネーゼのマサラな日々



 ボンベイ駐在の奥様たちは、今年に入ってようやくボリウッド映画を観に行くようになりました。
何しろ、日本で観た事のあるインド映画は、「踊るマハラジャ」くらいで、ボンベイに赴任して映画の都ボリウッドにいながらも、「インド映画?毎日観ているインド人が濃くてうんざりなのに、わざわざインド映画を見に行くなんて…」と、辛いカレーを倦厭するかのごとく、ボリウッド・ムービーを倦厭していたのでした。(※わたしたちは、ボリウッド映画をスパイスが効いたカレーに重ねてマサラ・ムービーとよんでいます)
 しかし、今年初めに、インド文化研究会のテーマで、「マサラ・ムビーを観よう」を企画してから、日本であいついで発売されたインド映画の本を手引書に、マサラムービー鑑賞活動が活発化し、今では、インド生活が大嫌いといっていたボンベネーゼのお楽しみの一つになりました。ボンベイの映画館で日本人女性を観かけたら、このボンベネーゼか全日空のスチワーデスさんです。
 では、ここ1年にボンベネーゼ・マダムたちが、見たヒンディー映画と、美味しい話のひとこまを、ご紹介いたしましょう。 時は、2000年11月中旬、ボンベネーゼたちが住むマラバルヒルから北へ約1時間、映画スターが多くすむジュフにある南インド料理・ウッドランドのジャンボマサラ・ドーサのランチを食べながら…・・。




Mohabbatein観た?



観たわよ。シャールクのすっごい睫毛。ダンス盛りだくさんで、綺麗よね。
(うん。うん。とドーサをほおばりながらみんな頷く。)

           睫毛のながーい、シャールク・カーン!

チケット、ゲットするの大変じゃなかった?


サーバントさんが並んでくれました。いつもの様に。ねぇー!






今回はいつもより上映時間が長いと聞いていたので冷房対策に備え、
冬仕度袋をさげて、映画館に参上したのだけど、話のテンポが、とんとんとスムーズで、
時間の長さを全く感じなかったわ。
目許が潤んでいるシャー様って素敵ですね。
インテリぽいメガネも良く似合っていま〜す。若手も演技がオーバーで、最初はちょっと気持ちが
悪かったけど、時間とともに好演して頑張っているよねって感じです。






アミターブ バチャンはとても存在感があったわね。午後9時の男ね。(Star Pulsのクイズ番組
Kaun Banega CROREPATI)
日本じゃ「みのもんた」がやってるんですってよ、あのクイズ番組…イメージ壊れるよね。
アミタブって昔からの大スターなんですってね。私達にとっては、クイズ番組のホストの渋い声の
アミタブ・バチャンだけど…。
あの方の息子アブシークちゃんは父が大きすぎて今後も苦労するかもね。






そうなのよ。アブシークのTera Jadoo Chal Gayaa観た時、パパに似てダンスが固くて、
「あれ?はずしたの?」って。3作目のDhaai Aksher Prem Keなんか観ていられなかったもの。
これってアブシークちゃんのせい?監督がいけないの? いやよ、アブちゃま、
今度はちゃんとした作品選んでねって感じ…。
梨園の若様って感じでボリウッドの染五郎と呼んであげたい。(笑)
 Refugeeはよかったのにねぇ…。

        アブシーク・バッチャンのデビュー作 Refugee





Refugee以降のアブシーク がちょっと不甲斐ないので若手の誰かをご贔屓にしてもいいかなと
思いながら今回のモハバッテンに望んだ私だけどお気に入りは見つからなかったの。濃いお顔は
好みではないしマッチョマンも駄目なので…。あの体育会系の子(ウダイ・チョップラー)は
ダンスがうまくて目立っていましたね。
シャールク・カーンにもっと踊ってもらいたかったわ。近頃の私、ダンス場面の
特に群舞に中毒症になってしまって、もっと、もっと、と求めてしまうのです。おお、恐 い!!





Mission Kashimrは、もうリッティックのダンスが最高よ。コカコーラのデワリバージョンの
CMみた?
もう、ダンスは今までのスターの中で最高の出来よね。カシミールの景色が、
ほとんど観られなくて残念だったけど。ほとんどセットだものね。










最後のシーンについて、冷静に考えると、なんで彼が(リティック)生きているんだ!
と劇画タッチすぎてリアリティーに全く欠けている気がします。
それとあのカシミールの景色…映画を見る前に一緒に行った某商社のローカールスタッフの
お姉さんと少し話す機会があって、彼女はボリウッド映画もリティックも興味がないと
言っていたので、
「じゃぁ・・何の為に見にきたの?」と聞いたところ、
「カシミールの街が見たいから…」
という答えが返って来たの。きっと彼女は本物のカシミールの景色を期待していたのでしょうね。
ほんとっ!・・インド人の彼女がボリウッド映画嫌いにならないことを祈るばかりです。


… で、今年の一押し映画といったらやっぱりMohabbaateinかな?



エッー!Kaho Naa…Pyaar Haiですよ〜。ボンベイに来て一番始めに観た映画だし、
リティックに合わなかったら、マサラムービーなんて、絶対見に行かなかったもの…。

 カホナ…ピアラ・ヘイ



(頷いて…)確かに、そうよね。TVでヒンディー映画のCM観ていても自分でチケット買ってまで
見に行きたいとは思わなかった。初めて見に行きたいと思ったのが、Kaho Naa…だったもの。
4・5月頃は、チケット買えなくて大変だったよね。





私は、取引先のご招待で、立て続けにKaho Naa…にいく事になったのね。
おかげで7回も観ました。もう、次のセリフ言えちゃう。(笑)そのうち2回は、飛行機の中。
あの時、ボンベイへの国際線は、全日空以外どこもKaho Naa…だったもの。春から夏まで…。
ANAもやればよかったのに。モーリシャス・ロケだったからもちろんモーリシャスエアーは、
機内のBGMまでKaho Naa…だったわよ。




でも、Kaho Naa…って、全く頭使わなくていい映画だと思わない?
脳みそ使わなくても理解できる。ヒンディー語解らなくても、見ていれば解る映画の代表よね。
これぞエンターテイメント!




だから、インド人にも受けたんじゃないの。映画館で、おじいちゃんが5歳くらいのお孫さんの
手を引いて観に来ていて、帰りに「カホナ ピアラ〜へ〜イ…」って歌いながら帰っていったの
見たら、3時間を充分楽しんだぁという感じだったわよ。遊園地的な楽しみ方。








ウン…私もそう言う観かたをしている。字幕あるわけじゃないから感覚と想像力で。
そうやって楽しめるところにボンベイで観るマサラ・ムービーの楽しみ方があるんじゃないの。
Dil seは、何度観ても解らなかったもの…。一緒に行ったインド人も解らないって…。(笑)
日本からパンフレット送ってもらって、ようやく理解したの
。たとえ字幕ついていても、あの映画の背景がわからないと、インド人だって?
て感じじゃないのかな.?
パンフレットの解説読んでようやくわかるところがあったもの。



じゃ、マサラムービーに主題とか求めちゃいけないんだ。
正しい観方は、脳みそを置いて見に行く?…。(大爆笑).






そうよね。いいんじゃない、そういう観かたも。
私なんか、リティックが出たから見にいく気になったのよね。
2作目のFIZAなんか、マラバル・ヒル(マダムたちの多くが住む地区)での、
シューティングが多くて、うれしかった。
ケンプスコーナーでリティック踊ってるし、日本人幼稚園の前の交差点でも踊ってるでしょう。

        ボンベネーゼの一番人気 リティック・ローシャン

私の住んでいるタニー・ハイツも映っているし…(笑)




でも、モスリムの主人公なのにシューティングがマラバル・ヒルというのも変よね。
ハジアリはわかるけどジュフや、アンデリあたりがモスリム街なのにね。
まあ、映画だからいいのかな、ボンベイにいる人にとっては、あら?という感じね。



みなさん、最初がリティック?私なんか初体験がアニル・カプールとアクシェイ・カンナだもの…。
すぐには、マサラムー日には、はまりませんでした。



あら、Taalだったのね。



そう、音楽がよかったから、行ったのね。アイシュワリヤのダンスもよかったんだけど、
アクシェイがラストに赤いマフラーで最後にイヌをしばってオンブ姿で出てくるじゃないの。
(大爆笑) アニルは胸毛濃いし…。




そうなのよね。胸毛はいやよね。インド人濃すぎ〜!(大爆笑)
最初の出会いが悪かったのよ。男優の選択。
すぐには、ボリウッド映画にはまれなかったもの。






あら、私だってインド人に勧められて、Hum Dil De Chuke Sanamが最初の映画。
アジェイとサルマンだもの。すぐには、ピンとこなかったですよ。
映画のストーリーはデワリのものだったから興味深かったけど。でも、イタリアロケかと思ったら、
ハンガリーなんだって。ロケ地が、なんだか変だよね。
ところで、サルマン・カーンって、コメディアンなの?



ひどい!サルマンファンだっているんだから・・・・。昔から三大カーン(シャールク・カーン、
サルマン・カーン、アミール・カーン)の内の一人よ。スーパー・スーパースターなの!




あら、でも今年のサルマン・カーンの映画って、みんなコメディーじゃないの?
Chal Mere BhaiHar Dil Jo Pyar Karega…も、Dulhan Hum Le Jayengeも…。
今やってるKhain Pyar na hojaeeだって…。



コメディアンとまでは、行かないと思うけど…。ムキムキマンだし。
彼のナイスバディーを楽しみにしている人も多いんだから。


そういえば、かおりさん、モーリシャスのホテルで、リティックと御一緒だったとか?


そうなの。ツーショット写真見る? (わぁおお〜!!)


……というわけで、今日も、ボンベネーゼたちは、
銀幕のハンサム・スターに熱を上げながら
食べあるきに余念がないのでした。


BACK










Ads by TOK2